富山合同会計事務所

富山合同会計事務所

補助金申請

認定支援機関について

  認定支援機関とは、中小企業・小規模事業者が経営相談を受けて円滑な事業経営を行えるように、国が認定した公的な支援機関です。

  事業者は、認定支援機関の支援を受けることで信用保証協会の保証料が減額されたり、補助金獲得を有利に進めることができます。
  また、国の補助(事業計画策定費の2/3)を受けながら、認定支援機関とともに事業計画を策定し、対応策を練ることができます。
  認定支援機関は、商工会、金融機関、税理士、公認会計士、弁護士等が主な支援機関として認定されています。
  当事務所は、認定支援機関として事業者の皆さまの支援させて頂きます。

補助金

  補助金とは、国の政策目標を達成するための事業を行う事業者に対して、その事業に必要となる経費の一部を国が負担する制度です。
  補助金を獲得するためには、「公募期間に申込を行うこと」、「他の補助金を受けようとする事業者よりも社会的必要性がある事業を行うことを申請書にてアピールすること」が必要です。
  補助金には以下のようなものがあります。
  ・創業補助金:創業時に受けられる補助金。
  ・IT導入補助金:ITツール(当事務所から提供する会計ソフトなど)の導入を行う際に受けられる補助金
  ・ものづくり補助金:試作品の開発、設備投資などの際に受けられる補助金。
【サポート価格】要応談。

助成金

  助成金とは、国や地方自治体から支給される返済不要な支援金です。
  助成金は補助金と違い、要件さえ満たしていれば受給できますので、他の事業者に勝てるようアピールする必要はありません。
  助成金は雇用に係るものが中心で以下のような場合に受けられます。
〇助成金が受けられる場合
【サポート価格】要応談。

事務所概要

富山合同会計事務所