富山合同会計事務所

富山合同会計事務所

税務調査とは

税務調査とは

税務調査とは

日本では、申告納税制度が採用されています。この制度によって、自身の所得や税額を計算した上で、自主的に納付を行う必要があるのです。

納税者の申告が適切になされているかどうかを確認するため、税務署員が帳簿の確認をすることがあります。これを税務調査と言います。

税務署は調査する対象を明確な基準で決めているわけではありませんので、どのような会社・事業主でも税務調査を受ける可能性はあります。税務調査は、通常であれば連絡が事前に来るパターン(任意調査)が多いです。突然、調査官が訪れるパターン(強制調査)が行われることもあるものの、強制調査は脱税の疑いがある場合に実施される調査ですので、悪質な行為をしていない限りは、さほど強制調査が行われる心配をする必要はないでしょう。

ただし、任意調査と言えども税務署の調査官は質問検査権を有しており、納税者はそれを受任する義務があります。したがって、納税者は調査官の質問を黙秘したり、虚偽の陳述をすることはできません。その点を認識した上で、税務調査に必要な書類等を準備しておきましょう。

任意調査の場合は、調査日程が決定次第、調査日に調査官が訪れ、売上計上時期や交通費など、様々なところをチェックされます。調査内容によって実施する期間には違いがあり、1日~3日程度で調査は完了することが多いです。

税務調査の結果、税務署側からの指摘事項について修正申告を行うよう指導された場合には修正申告をする必要があります。しかし、税務調査で指摘された事項の中にも反論の余地がある項目が含まれていることもあります。そのような項目については、しっかりと反論をすることが重要です。税務調査を有利に乗り切るには税法の知識を持った税理士を同席させると良いでしょう。

富山の税理士事務所【税理士法人富山合同会計 富山事務所】は税務調査の立会も承ります

富山の税理士事務所【税理士法人富山合同会計 富山事務所】は税務調査の立会も承ります

富山で税理士事務所をお探しの方は、【税理士法人富山合同会計 富山事務所】へお問い合わせください。

顧問税理士として税務申告や経営相談を承るほか、税務調査の立会も可能です。

「初めての税務調査でどう対応すればいいのか分からない」と不安に感じている方は、ぜひ【税理士法人富山合同会計 富山事務所】へご相談ください。税理士としての知識を活かし、皆様を手厚くサポートいたします。

富山で税理士事務所に依頼するなら【税理士法人富山合同会計 富山事務所】

法人名 税理士法人富山合同会計 富山事務所
住所 〒930-0973 富山県富山市長江東町1丁目9−11
代表者 藤樫 正和(とがし まさかず)
TEL 076-464-5025
FAX 076-482-2130
営業時間 平日9:00~18:00
お問い合わせについて 事務所営業時間中であっても、外出中・出張中は電話受付のみとさせて頂きます。 事務所へお越しになられる際には事前にご連絡ください。
URL http://www.toyamagdk.com

事務所概要

富山合同会計事務所